リレーショナル化学災害データベース Relational Information System for Chemical Accidents Database

RISCADは、 国立研究開発法人科学技術振興機構(旧科学技術振興事業団) の研究情報データベース化事業により、国立研究開発法人産業技術総合研究所 と 国立研究開発法人科学技術振興機構 が平成11年度から平成14年度に共同で開発したデータベースです。

平成18年度以降は、国立研究開発法人産業技術総合研究所がデータベースの譲渡を受け、運用・管理しています。

平成20年度、平成23-28年度は、日本学術振興会 科学研究費補助金 研究成果公開促進費の交付を受けて、データベースの拡充を行いました。

新着情報

過去の注目事例

本システムは、Mozilla FireFox、Google Chrome、
Microsoft Internet Explorer 9、10、11で動作確認を行っています。
■ DB管理者へのお問い合わせは、こちらまでお願いします。