事例 ID
1
発生年月日
1988-06-03
事故名称
危険物製造所(高沸点減圧連続蒸留設備)の爆発炎上
発生国
日本
地名
福島県 / いわき市
事故概要
高沸点減圧連続蒸留設備において粗フェノール蒸留精製最終段階で,原料粗フェノールの受け入れを止め,蒸発缶に入っている約800リットルの粗フェノール追い出し作業中,約500リットル位になった時,制御温度が160℃から230℃に上昇した。蒸発缶内で原料に混じっていた高沸点物質が発熱分解反応を開始し大量のガスを放出,缶内の圧力が急激に上昇,蒸発缶を破裂させ破裂時の衝撃火花に漏洩した引火性ガスが着火した。